[Unicoder Pro Icon] Unicoder Pro

 「Unicoder Pro」は多機能万国文字操作ツールで,iOS に搭載された膨大な種類の文字の閲覧・入力・検索・情報表示等を一貫したインターフェイスで提供するものです。強化版にあたる Pro 版では,7 万字超の漢字と 3 万字超の多言語文字を含む大規模な文字情報データベースを搭載し,強力な文字検索,詳細な文字情報,テキスト分析など高度な機能を提供します。

***iOS 8 KNOWN ISSUE*** The language of our iOS applications may be forced into Japanese with non-English system of iOS 8. If you have accidentally got Japanese with the App, apply iOS 8 Workaround.

iOS 7 でご利用の注意: 現行バージョンの Unicoder Pro は iOS 7 で起動するとヒントメッセージが閉じられず,操作不能になるという不具合が確認されています。その場合,下記のトラブル情報に記載された手順で対処して下さい。ご不便の件申し訳ありませんが,この問題に対処したアップデートを公開予定です。

公式 Twitter のご案内: MGJ Interactive 公式 Twitter では Unicoder Pro を始めとする製品の最新情報や,便利でユニークな使い方のヒントなどを発信しています。
Follow @MGJ_Interactive

※Unicode 表の閲覧や文字入力等に機能を絞り込んだ,無料版の「Unicoder Lite」もご用意いたしております。

収録データについて: 漢字の読みや部首索引などのデータは,米国 Unicode Consortium が公開している Unihan データベースを基に若干の修正を加えたものを使用していますが,その正確性・網羅性は保証いたしません。漢字の検索や読解の補助にはなりますが,学習や研究を目的とされる場合は必ず一般の辞書を併用して下さい。

特殊顔文字について: 一部の特殊な顔文字で使われている上下に伸びる装飾は,英文字・ギリシャ文字・キリル文字等に 0300〜036F の「合成用区分符号」を複数追加して作成します(参考)。iOS テキスト処理の都合上,前後に若干の空行を追加するのをお勧めします。現状では iPhone や Mac (Snow Leopard 以上) など一部機器でしか正しく表示されませんが,正規の Unicode 規格に準拠した方法ですので安心してお使い下さい。なお,本アプリケーションでは顔文字をコピーして「⚛全文解析」することにより,作り方の分からない顔文字の構造を解明することができます。

Mac OS X Lion のカラー絵文字について: 新しい Mac OS X Lion に搭載されたカラー絵文字は,従来の絵文字キーボードで入力する Softbank 携帯用絵文字(E001〜E537)とは異なり,Unicode 規格の公式絵文字(1F300〜1F6C5 他)を利用しています。通常の方法では入力できませんので,本アプリケーションの↯文字検索で「絵文字」等を検索して入力して下さい。

目次

製品データ

[△] [目次] [▼]

概要

[▲] [目次] [▼]

 iPhone 等に搭載されている iOS は,各国の印刷・組版業界で圧倒的なシェアを誇り優れたフォントやノウハウが結集している Mac OS X をベースにしており,その文字表現力と言語表現力は他の携帯機器やスマートフォンを圧倒するものとなっています。一方で iOS は携帯機器としての性格付けから文字入力機能に乏しく,その優位性が十分に生かされていないのが現状でした。
 Unicoder Pro はこのような文字・言語表現における iOS の優位性を最大限に生かすため,完全な Unicode 表とシームレスな万国キーボードをベースに,文字属性や漢字の読みなどを含む巨大な文字情報データベースを搭載し,iOS で扱いうるあらゆる文字の利用に必要な機能を集約した万能ツールとして開発されました。

 その反面,iOS の優れた文字表現力が逆に想定外の問題を引き起こしており,例えば国内標準の Shift JIS コードを逸脱した文字の使用が,文字化けを引き起こす事例が多く見受けられます。これら「表外文字」は通常の漢字変換で普通に入力できてしまう上に,実際に送信相手から苦情を受けるまで文字化けの存在を知る術がないため,一部コミュニティーで iPhone 等 iOS 機器の評判を悪くする厄介な問題となっています。
 Unicoder Pro はそのような「文字化け問題」に初めて真剣に取り組んだツールとして,各種文字コードを選んで使用可能文字を分別・制限する「文字コードフィルター」を搭載しました。また,テキスト解析や関連文字検索など既存のテキストの分析・修正に役立つ機能を搭載しています。

 このような豊富な機能を搭載する本アプリケーションを活用し,Unicode で定義された約 10 万字(うち iOS フォント搭載分約 5 万字),対応言語にして約 400 言語もの圧倒的な文字を自在に操り,従来の携帯機器のイメージを払拭する知的な文章作成にお役立て下さい。

主な用途

[▲] [目次] [▼]

 他にも単にコード表や文字情報を眺めたり,コピーした文章を解析にかけたりするだけでも,世界旅行のような新たな発見があって楽しめます。約 5 万字の世界中の文字が醸し出す楽しさは,是非本アプリケーションをご購入いただいて実感して下さい。

主な機能と使い方

[▲] [目次] [▼]

Unicode パネル

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-101]

 中央左のスイッチで通常のキーボードと Unicode パネルを切り換えます。Unicode パネルはスクロールして閲覧できるコード表形式の閲覧・入力パネルで,いわば 8 字×31,556 段の巨大な万国キーボードとして機能します。なお,右端のスクロールバーで Unicode 全体を移動することができます。また,左下の「△」で現れるキーボードアタッチメントで改行・空白・削除キーが使えます。

※パネルは文字の分類によって以下通り色分けされています。Unicode パネルでは白または青パネルの文字が入力可能です。

※Unicode パネルには Unicode で定義された全コード位置が含まれますが,iOS 未搭載文字は「□」や「?⃞」などの置換え文字で表示されます。これら未搭載文字のうちいくつかは,将来バージョンの iOS に収録される見込みです。

Unicode 全漢字の字形表示

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-113]

 大規模漢字フォント集の「花園フォント」を搭載し,Unicode パネルと文字情報画面で iOS 未搭載漢字 (主に日中韓統合漢字拡張 B〜D) の字形を灰色の明朝体で表示します。これにより 75,616 字もの Unicode 全漢字を閲覧できる,究極の漢字カタログとして活用できます。

※未搭載漢字はテキスト編集欄ならびに他のアプリケーションでは表示されませんが,花園フォントをインストールしたパソコンや高度な印刷・組版システムにデータを転送すれば表示・印刷できる場合があります。

※未搭載漢字は文字データ等が整備されていませんので,目的の漢字を探す際には部首索引で検索するようにして下さい。

セレクター

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-102]

 右下のアイコンでセレクターが現れます。セレクターはインテリジェントなダイヤル式で,コード位置または Unicode ブロック(文字グループ)を選択して,0000〜10FFFF に及ぶ広大な Unicode 空間を自在に移動することができます。なお,セレクターは右下の「⊗」で閉じてUnicode パネルに戻ります。

文字検索(ジャンプ検索)

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-103]

 中央の「↯」入力欄に文字またはコード位置を入力して,該当する文字に直接ジャンプします。ブロック名または文字名称の一部を入力して,該当するブロックまたは文字に順次ジャンプすることもできます。ブロック名・文字名称検索には「*」や「?」などのワイルドカードが使えます。

[Unicoder Pro Screen-104]

 中央の「🔍」入力欄に各種検索条件を入力し,条件に合う文字を Unicode 全体から抽出してパネルに表示します。検索条件には任意の文字 (関連文字検索),文字名称の一部,漢字の部首索引,漢字の読み (日中韓),各種文字コード,Unicode 文字属性などが指定でき,一部の検索条件にはワイルドカードも使えます(検索条件の詳細)。

文字情報画面

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-105]

 文字パネルを長押しするか中央右の「▲」を押すと,選択文字の文字情報画面が現れます。文字情報画面には Unicode 文字属性を基にした基本情報の他に,各国ごとの主要コードや HTML/XML 文字参照が含まれ,さらに漢字については部首索引や読み,日中韓各国の重要度ランクなども追記されます。選択した文字を順次切り換えて表示することもできます。文字情報画面はもう一度中央右の「▼」を押すと閉じます。

詳細情報画面

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-106]

 文字情報画面をタップまたはフリックすると,より詳細な情報画面が現れます。詳細情報画面では文字の基本情報の他,各種文字コードや完全な Unicode 文字属性のリストを閲覧でき,表の一部をコピーして利用することもできます。さらに漢字の場合は,部首索引や日中韓の読み,各国主要辞書の索引情報などが併記されます。

文字コードフィルター

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-107]

 画面上部のタイトルを押すとセレクターが現れ,一般コードや各種内蔵コードから文字コードフィルターを選んで切り換えることができます(セレクターは右上の「⊗」で閉じます)。文字コードフィルターを選択すると,コード体系に含まれない表外文字をグレーで色分けして入力禁止とします。送信相手に合わせて「Shift JIS」や「日本語(Windows)」などを選択しておけば,表外文字をうっかり使って相手に文字化け文章を送ってしまうトラブルを未然に防げます。IANA 文字セットや Microsoft コードページにも対応していますので,他システムとの文書交換にも活用できるでしょう。

クリップボード同期

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-108]

 初期状態ではテキスト編集欄がクリップボードと同期し,他のアプリケーションでコピーした内容を直接編集したり,入力した内容をそのまま他のアプリケーションにペーストできます。他のアプリケーションとの連携の際に,面倒な文章選択やメニュー選択に煩わされることはありません。クリップボード同期は設定画面(後述)で無効にすることができます。

テキスト解析

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-109]

 コンテクストメニュー(後述)から「⚛解析」または「⚛全文解析」を実行すると,選択したテキストを独立した文字に展開しコード位置と共にパネル表示します。文字情報画面や文字コードフィルターと併用すれば,テキストの精査や文字化けの解明に役立ちます。

コンテクストメニュー

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-110]

 テキスト編集欄で文章の一部を選択すると通常のコピーやペーストの他に「その他…」の項目が現れ,選択文字列に対して「↯文字検索」「🔍詳細検索」ならびに「⚛解析」を実行できます。文字列を選択しない場合は「⚛全文解析」を実行できます。

アクションメニュー

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-111]

 右上のボタンでアクションメニューが現れます。アクションメニューではヘルプなどの補助的な機能を提供します。

設定画面

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-112]

 アプリケーションの基本動作に関する設定は「設定」アプリケーションの「Unicoder Pro」画面で設定できます。

検索条件の詳細

[▲] [目次] [▼]

 🔍詳細検索の検索条件として指定できるものを,以下に検索例とともに説明いたします。なお,漢字読みや部首索引など,検索条件の中には参考情報のため完全な検索結果が保証できないものがあります。また,日中韓統合漢字拡張 A 以降は文字データが整備されていませんので,目的の漢字を探すには主に部首索引検索をご利用下さい。

コード位置検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-201]

 Unicode のコード位置(Code_Point)を 4 桁〜6 桁の 16 進で指定して検索します。他の検索条件と混同する場合は先頭に「U+」を付けて区別することができます。

「3000」
→全角スペースを検索
「A001」
→「ꀁ」等を検索(エジプト象形文字「A001」を除外するには「U+A001」で検索)

文字名称検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-202]

 検索条件に指定した文字名称の一部を Unicode 文字名,旧文字名,別名のいずれかに含む文字を検索します。検索条件にはワイルドカード(後述)が使えます。なお,他の検索条件と混同する場合は " " で括って区別することができます。

「triangle」
→文字名称に「TRIANGLE」を含む文字(主に各種三角形)を検索
「circled * a」
→「Ⓐ」「ⓐ」「㋐」等を検索
「ae」
→文字名称に「AE」を含む文字等を検索(読みが「ae」の文字を除外するには「"ae"」で検索)

関連文字検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-203]

 検索条件に指定した単文字の関連文字を検索します。関連文字として等価文字(NFC),字形変化,用字変化,区分変化,書式変化,数学文字,等値数字,簡体字,繁体字,ならびにその他関連文字(異体字・類字等)が検索対象となります。

「A」
→小文字「a」,ギリシャ文字アルファ,キリル文字アー,各種区分符号付「A」,「Ⓐ」,全角「A」等を検索
「猪」
→「猪(等価文字)」「豬(繁体字)」「䐗(異体字)」等を検索
「〜(波線)」
→U+2053「⁓(欧文用波線)」,U+3030「〰(中文用波線)」,U+FF5E「~(Windows 用全角チルダ)」等を検索

分解・合成文字検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-204]

 検索条件に指定した単文字を複数に分解した文字列や,指定した文字列を組み合わせた単文字を検索します。Unicode 規格上の等価分解(NFD),等価合成(NFC),ならびにその他の構成文字,合成文字が検索対象となります。なお,合成文字検索の場合で他の検索条件と混同する場合は { } で括って区別することができます。

「が」
→「か」「◌゙」を検索
「㈱」
→「(」「株」「)」を検索
「キロメートル」
→「㌖」等を検索(漢字の「粁」を除外するには「{キロメートル}」で検索)

漢字読み検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-205]

 検索条件に各国語の読みを指定して漢字を検索します。読みとして日本語音訓読み(仮名またはローマ字),中国語拼音(声調符号・番号は省略可),広東語拼音(声調番号は省略可),韓国語読み(ハングルまたはローマ字)を指定でき,ワイルドカード(後述)も使えます。なお,他の検索条件と混同する場合は ' ' で括って区別することができます。

「あく」
→音読み「アク(握,悪⋯)」および訓読み「あく(開,鹼⋯)」を検索
「tan」
→音読み「タン(丹,単⋯)」訓読み「たん(痰,耼⋯)」,中国語拼音「tan(1〜4 声)」,広東語拼音「tan(1〜6 声)」,韓国語読み「탄(呑,灘⋯)」等を検索(文字名称「TAN」を除外するには「'tan'」で検索)
「ㅇㅛㅇ(ハングル互換字母から入力)」
→韓国語読み「용(勇,容⋯)」を検索

※収録データの制約から,日中韓互換漢字 A〜D については日本語読みで検索できない場合があります。漢字読み検索で検索できない場合は関連文字検索(異体字を検索する場合),または部首索引検索をお試し下さい。

部首索引・総画数検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-206]

 漢字の部首索引や総画数を指定して検索します。部首索引は部首文字 + 画数,部首名称 + 画数,「部首番号.画数」などで,総画数は「〜画」「〜strokes」「〜s」などで指定します。

「金8」
→金部 8 画(鋼,錦⋯)を検索
「しんにょう13」
→辵部 13 画(還,邉⋯)を検索
「52s」
→総画数 52(䨻)を検索
「dragon 48」
→龍部 48 画(U+2A6A5 𪚥,龍を 4 つ並べた漢字)を検索(iOS 未搭載漢字のため Unicode パネルおよび文字情報画面でのみ字形表示します)

文字コード検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-207]

 各種文字コードを 16 進の「%xx」形式で指定して検索します。URL 等の % エスケープと同じ形式ですが先頭以外の「%」は省略できます。また,「%」の代りに「$」を使うこともできます。一般コードまたは iOS 内蔵コードが検索対象となります。なお,異なるコード体系で同じ検索結果が連続する場合は,まとめて表示されます。

「%88a4」
→各文字コードが 88A4 の文字(Shift JIS で「愛」等)を検索
「%5c」
→各文字コードが 5C の文字(Shift JIS で「¥」,それ以外はほとんどが「\」)を検索
「$5e78」
→UTF-16BE = 5E78(U+5E78「幸」),UTF-16LE = 5E78(U+785E「硞」)を検索

区点検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-208]

 区点表示するコード体系(文字セット)の場合は,10 進数の区点番号を「xx-xx」の形式で指定して検索します。面区点からなるコード体系の場合は「x-xx-xx」で指定します。

「32-31」
→32 区 31 点の文字(JIS X 0208 で「誠」等)を検索
「1-47-52」
→1 面 47 区 52 点の文字(JIS X 0213 で「𠮟」等)を検索

文字参照検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-209]

 文字の数値参照または実体参照を「&#xxx;」または「&xxx;」の形式で指定して検索します。実体参照は大文字・小文字を区別しますので正確に入力して下さい。

「Ä」
→大文字の「Ä」を検索
「髙」
→「髙」を検索

文字属性検索

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-210]

 Unicode 文字属性(プロパティー)の属性名と属性値を「属性名 = 属性値」または「属性名: 属性値」の形式で指定して検索します。属性名および属性値は省略形または完全形で指定でき,属性値にはワイルドカード(後述)も使えます。

「gc=lu」
→アルファベット等の大文字を検索
「ccc=above」
→上付きの区分符号を検索
「dt:enc」
→丸囲み文字を検索
「kDefinition:dragon*」
→字義(英語)が「dragon」で始まる漢字を検索

ワイルドカードの使い方

[▲] [目次] [▼]
[Unicoder Pro Screen-211]

 文字名称検索,漢字読み検索,および文字属性検索の属性値にはワイルドカードが使用でき,「*」(任意の文字列)「?」(任意の 1 文字)[…]([ ] 内の任意の 1 文字)が使えます。なお,ワイルドカードで後方一致「*〜」または中間一致「*〜*」を指定した場合,検索条件によっては時間がかかることがあります(数秒〜1 分以上)。

「katakana letter k?」
→カ行のカタカナを検索
「たか*」
→訓読みが「たかい」「たかまる」「たからか」等の漢字を検索
「dm:0041*」
→構成字母が U+0041「A」で始まる文字(主に「A」の区分変化・書式変化)を検索
「krsunicode=75.[7-9]」
→Unicode 標準部首索引が木部 7 画〜9 画の漢字を検索
「kdefinition:*tree*」
→字義(英語)に「tree」が含まれる漢字を検索(中間一致につき検索に時間がかかります)

トラブル情報

[▲] [目次] [▼]

iOS 7 における問題点

[▲] [目次] [▽]

 現行バージョン(1.1.1 以下)の Unicoder Pro は iOS 7 で起動するとヒントメッセージが閉じられず,操作不能になるという不具合が確認されています。その場合,以下の手順で対処して下さい。

[Unicoder Pro Screen-1001]①ホームボタンをダブルクリックし,Unicoder Pro の縮小画面を上にフリックして画面の外に取り除く
[Unicoder Pro Screen-1002]②「設定」アプリケーションを起動し,リスト後半の「Unicoder Pro」をタップする(2 回目以降はこの手順を省略できます)
[Unicoder Pro Screen-1003]③Unicoder Pro 設定画面で「ヒント表示」をオフにする(2 回目以降はこの手順を省略できます)
[Unicoder Pro Screen-1004]④ホーム画面に戻って Unicoder Pro を再度開く

 上記対処法は暫定的なものにつきヒントメッセージの自動表示が無効となりますが,ヘルプ画面はアクションメニューから開くことは可能です。ただし,ヘルプ画面も同様に閉じることができなくなっていますので,上記の手順の①と④で閉じて下さい。

 本ページは作成中につき,製品の詳細については App Store の製品ページをご参照下さい。また,製品に関するご質問やサポートのお問い合わせはメール <webi1310@mgjshop.co.jp> をご利用下さい。

ホームページに戻る


〒261-0001
千葉市美浜区幸町 2-10-5-102
アサヒテクノサービス株式会社
MGJ Interactive

E-mail: webi1310@mgjshop.co.jp