[辞書登録 Lite Icon] 辞書登録 Lite

 「辞書登録 Lite」は変換辞書登録ツールの機能限定版で,通常のユーザ辞書を使わずに連絡先アドレスデータを利用して辞書登録を実現するものです。元々ユーザー辞書に対応していない iPhone OS 3.x 以下のために開発された製品でしたが、iOS 4 でも顔文字登録など通常のユーザー辞書と異なる特殊用途のためにご活用いただけます。無料お試し版につき登録件数や機能に制限がありますが,一般的なご利用形態なら十分実用的にお使いいただけます。

公式 Twitter のご案内: MGJ Interactive 公式 Twitter では「辞書登録 Lite」を始めとする製品の最新情報や,便利でユニークな使い方のヒントなどを発信しています。
Follow @MGJ_Interactive

公開終了のご案内: App Store の審査基準の改訂ならびに iOS の仕様変更に伴い,「辞書登録 Lite」は公開終了とさせていただきました。なお,すでにダウンロードいただいたお客様への製品サポートは引き続きご対応いたしますが,iOS 5 以降でのご利用によるトラブルに関してはサポート対象外とさせていただきます。

「辞書登録 Lite」のご利用を中止される場合: 単に「辞書登録 Lite」アプリケーションを削除しただけでは連絡先に「辞書登録 Lite」グループが残ってしまいます。その場合はアンインストール方法を参考に「辞書登録 Lite」をインストールし直し,正しい手順で連絡先グループを無効にして下さい。

単語登録が成功しないお客様へ: まず,使用方法で正しい操作方法をご確認下さい。それでも変換候補に目的の単語が現れない場合は,トラブル情報をご参考に問題解決を試みて下さい。辞書変換はシステムの動作状況やメモリー使用状況に依存しますので,本アプリケーションで変換できない場合は有料版の「辞書登録 Plus」や他のアプリケーションでも改善できません。

※iOS 4 以降では専用のアプリケーションを使わなくても「設定 > 一般 > キーボード > ユーザ辞書を編集…」で通常の辞書登録ができます。顔文字登録や単語リストの一括登録など特別な用途を除き,iOS 4 以降では本製品を含む辞書登録アプリケーションの類は必要ありませんのでご注意下さい。

※本アプリケーションで登録したデータは「辞書登録 Plus」でも引き続きご利用いただけますので,「辞書登録 Plus」を導入される場合は,初回起動するまで「辞書登録 Lite」は消さずに残しておいて下さい。

目次

製品データ

[△] [目次] [▼]

辞書登録の仕組

[▲] [目次] [▼]

 iPhone OS 3.1.3 以下では日本語変換のユーザー辞書に対応しておらず,通常の方法では辞書登録が不可能でした。しかし,本製品では単語を連絡先に登録することで,通常のユーザー辞書を使わずに辞書登録を可能としています。これは上級ユーザーの間で広く知られていた方法で,連絡先に登録した人名とよみがなが変換候補に反影されるという iPhone OS 固有の性質を利用したものです。

 連絡先登録は iOS 4 でも有効ですので,通常のユーザー辞書とは別に特殊用途の辞書としてご利用いただけます。登録・削除の面倒な通常のユーザー辞書の代りに,多数の単語を手軽に登録・解除できる多機能辞書登録ツールとしてご活用下さい。常に使う重要単語は通常のユーザー辞書で,入れ替わりの多い顔文字や時事用語等は本アプリケーションで,という使い分けも便利です。

 ただし連絡先登録は通常のユーザー辞書登録と違って,登録した単語が人名データとして連絡先データベースに格納されるため,連絡先に無関係なアドレスデータとして反映されてしまうという制約があります(詳細)。連絡先データベースを本来と異なる目的で使用するのが好ましくない場合は,本アプリケーションのご使用を中止し,iOS 4 の辞書登録(設定 > 一般 > キーボード > ユーザ辞書を編集…)をご利用になるか,または連絡先登録を不許可に設定して変換学習専用としてご利用下さい(変換学習は一時的な単語登録としても機能します)。

 なお,本アプリケーションは無料版につき登録件数は最大 256 件に制限されます

その他の機能

[▲] [目次] [▼]

 本アプリケーションには単語登録の効率化や有効活用のために,以下のような機能を搭載しています。

使用方法

[▲] [目次] [▼]

 ここでは基本的な使用方法を紹介いたします。詳細な操作方法につきましては操作の詳細をご参照下さい

前準備

 本アプリケーションで辞書登録するには,あらかじめ連絡先登録を許可しておく必要があります。

[辞書登録 Lite Screen-101]初期画面の指示に従って連絡先登録を許可する

登録方法

 本アプリケーションでは単語登録の方法として「連絡先登録」を利用します。

[辞書登録 Lite Screen-102]よみがな欄に登録語のよみ(ひらがな)を入力する
※iOS 4 以上では,右側の (^_^) ボタンで顔文字登録が指定できます。
[辞書登録 Lite Screen-103]登録語欄に変換したい単語を入力する
※登録語には通常の日本語の他,記号類や定形文等が登録できます
※登録語の入力には日本語・英語の他,各国のキーボードが使えます
※iPhone OS 3.0 以上では,他のアプリケーションからコピーした単語をペーストすることができます

[辞書登録 Lite Screen-104][連絡先登録] を押すか,または改行(次へ)を押せば登録は完了です

 連絡先登録を実行すると,登録した単語がアドレスデータとして連絡先に格納された状態になります。一度登録した単語を連絡先から一時的に削除したい場合は,登録履歴画面(編集モード)で削除対象の単語を選択して [登録解除] を押せば,連絡先から一旦削除され仮登録として保存されます(詳細)。

操作の詳細

[▲] [目次] [▼]

単語登録画面

[▲] [目次] [▼]
[辞書登録 Lite Screen-201] 本アプリケーションの一番基本となる画面で,登録する単語を入力し連絡先登録または変換テスト(変換学習)を実行します。登録履歴画面から [+] または (>) で開きます。

 なお,現在の単語の登録状況は登録履歴画面と同様のアイコンで示されますが,未変更の単語はそれぞれ無地のアイコン([未変更学習済単語][未変更連絡先登録単語][未変更仮登録単語][未変更注意])で示され登録履歴データは変更されません。

登録履歴画面

[▲] [目次] [▼]
[辞書登録 Lite Screen-202] 登録・変換学習・仮登録した単語を一覧で表示する画面で,単語登録画面から〈登録履歴]で開きます。一覧表は表示順の指定(詳細)に従い新規作成された順に下または上から並びますが,編集モードで並べ替えることもできます。
 なお,本アプリケーションは無料版につき登録履歴は最大 256 件に制限されます。制限を超える場合は先に登録したもの(連絡先登録単語を除く)から順に削除されます。

 表示される単語には以下のものがあります。

[学習済単語]学習済単語
変換テストに成功して変換学習した単語です。 (>) を押せば変換テストを再実行して変換学習を再実行することができます。なお,学習済単語の履歴データは修正不可となっており,連絡先登録や修正をした場合は新規の単語が生成されます
※本画面にリストされた学習済単語はあくまで変換テストの実行記録にすぎず,変換学習辞書への実際の登録状況や変換学習の有効性を正確に反影したものではありません詳細
[連絡先登録単語]連絡先登録単語
連絡先登録した登録済単語です。 (>) を押せば登録内容の修正や変換テストが実行できます。なお,連絡先登録単語の履歴データは修正可能となっており,内容を修正した場合はそのまま上書きされます
[仮登録単語]仮登録単語
実際の登録はせずに仮登録として保存された単語です。 (>) を押せば内容の修正や連絡先登録や変換学習が実行できます。なお,仮登録単語の履歴データは修正可能となっており,内容を修正した場合はそのまま上書きされます
[仮登録単語(入力エラー)]仮登録単語(入力エラー)
仮登録単語のうち入力内容にエラーのあるものです。エラーの種類によってはそのままでは連絡先登録や変換学習ができないものもありますので,修正してから登録等を実行して下さい

 一覧表から単語を押すと処理対象として選択され,もう一度押すと選択が解除されます。その他の操作はメールなど一般のアプリケーションとほぼ同じですが,以下の操作が可能です。

登録履歴画面 (編集モード)

[▲] [目次] [▼]
[辞書登録 Lite Screen-203] 登録履歴画面で [編集] ボタンを押すと編集モードに切り替わります。編集モードは,メールなど一般のアプリケーションと同様に単語の一括削除や並べ替えができます。

変換学習画面

[▲] [目次] [▼]
[辞書登録 Lite Screen-204] 選択した単語の変換テストを順次実行し,まとめて変換学習にかける画面で,登録履歴画面から [変換学習] で開きます。

 基本的な操作方法は単語登録画面と同じですが,変換テストが完了すると自動的に次の単語が開きます。その他以下の操作が可能です。

 なお,変換テストを実行する前によみがな欄または登録語欄は自由に修正できます。

初期設定画面

[▲] [目次] [▼]
[辞書登録 Lite Screen-205] アプリケーションの動作に関する設定をする画面で,登録履歴画面から歯車ボタンで開きます。

使用上のヒント

[▲] [目次] [▼]

登録可能な単語

[▲] [目次] [▼]

連絡先登録について

[▲] [目次] [▼]

 本アプリケーションでは単語登録の方法として「連絡先登録」を利用しますので,あらかじめ連絡先登録を許可しておく必要があります。連絡先登録の許可は初回起動時に設定することができますが,後から設定する場合は以下の手順で設定して下さい。

[辞書登録 Lite Screen-301]登録履歴画面で歯車ボタンを押して,初期設定画面を開く
※登録履歴画面は単語登録画面の 〈登録履歴]ボタンで開きます

[辞書登録 Lite Screen-302]「連絡先登録を許可」を「オン」にして [完了] ボタンを押す

 一度連絡先登録を許可すれば,すでに変換学習済の単語や仮登録した単語を登録履歴画面から選んで連絡先登録し直すこともできます。なお,連絡先登録を許可すると,連絡先に「辞書登録 Lite」というグループが新たに作成され,登録単語の格納用に使われます。

 その他連絡先登録をご利用の際には,以下の点にご注意下さい。

変換学習について

[▲] [目次] [▼]

 変換学習は任意のよみがなと登録語に対して変換テストを実行することにより,変換の優先順位を上げたり予測変換を有効にする機能です。よく使う単語の変換効率を上げるための機能ですが,わざわざ連絡先に保存したくない単語の場合や連絡先登録を不許可にした場合の一時的な辞書登録としても利用できます。変換学習は以下の手順で実行します。

[辞書登録 Lite Screen-303]登録履歴から (>) または [変換学習] で単語を開くか,または単語登録画面で任意のよみがなと登録語を入力する
[辞書登録 Lite Screen-304][変換テスト(変換学習)] を押してテスト欄を開く
※登録履歴から [変換学習] で単語を開いた場合は自動的にテスト欄が開きます
[辞書登録 Lite Screen-305]日本語キーボード(ローマ字またはカナ)に切り替え,先のよみがなをテスト欄に入力して実際に変換処理を実行させる
※iPhone OS 3.x では,変換テストの際にキーボードが英語版にリセットされますので,都度日本語キーボードに切り替えるようにして下さい(参考
※目的の単語が選択されるまで [確定] は押さないで下さい
[辞書登録 Lite Screen-306]変換候補が表示されたら目的の単語が現れるまで [次候補] を押し,先に入力した登録語と同じものを選択する
※登録語の内容によっては変換候補が 2 ページ以上に渡る場合がありますので,目的の単語が現れない場合は「→」か [次候補] を続けて押して次のページ以降を表示してみて下さい
[辞書登録 Lite Screen-307]登録語を正しく選択して変換テストに成功すれば変換学習は完了です

 なお変換学習には,以下のような制約があります。

 なお,変換学習した単語は登録履歴画面にリストされますが,これらはあくまで変換テストの実行記録にすぎず,変換学習辞書への実際の登録状況や学習効果の有効性を正確に反影したものではありません。登録履歴画面をご利用の際には以下の点にご留意下さい。

よみがなの入力について

[▲] [目次] [▼]

 特定の単語が変換されなかったり優先度が極端に低くなったりするような場合は,多くのケースではよみがなの内容に原因があると考えられます。これは iPhone の日本語変換処理の特性によるもので,特に iPhone OS 3.1 ではその傾向が顕著になっています。

 例えば定形文などの長い単語を登録する場合,読みがなによっては変換候補に現れなくなる場合があります。これは iPhone OS 日本語キーボード固有の問題で,一定の条件によって長い単語が変換候補に表示されなくなることがあるからです。長い単語を登録する場合は,むしろ 1〜2 文字程度の短い読みがなの方が変換に成功しやすい傾向にあります。定形文などよみが不定な単語を登録する場合は,以下のようなよみがなにすることをお勧めします。

 また,2〜3 文字の短いよみがなや良く使われるよみがなで単語を登録する際には,本来のよみがなに任意の識別文字やダミーの文字を追加して登録することをお勧めします。よみがなにダミー文字を付けて変換するのは一見面倒に思われがちですが,一度実際に変換したり変換学習を実行することによって予測変換が有効となり,以後は本来のよみがな(またはその一部)で最優先に変換できるようになりますので,かえって変換操作の能率が向上します。この場合,単語の登録後に変換テストを実行することをお勧めします。

Unicode 文字置換機能

[▲] [目次] [▼]

 登録語の中に { } で括った Unicode 16 進数を記述すれば,対応する Unicode 文字に置換して変換されるようになります。複数の 16 進数をスペースで区切って文字列や合成文字を記述することもできます。

〔使用例〕
{9ad9 fa11} →「髙﨑」(ハシゴ高 + タテ崎)
{3000} →全角スペース(
{ff61}〜{ff9f} → 半角カタカナ(一覧
{25b 303}fini →「ɛ̃fini」(発音記号の「アンフィニ」)
{928 92e 938 94d 924 947} →「नमस्ते」(ヒンディー語の挨拶「ナマステ」)

※iOS 4.2 以上の場合は本機能の代りにUnicoder Lite」(無料アプリケーション)のご利用をお勧めします。Unicoder Lite は多機能の Unicode 入力ツールで、iPhone 等 iOS 機器に搭載されたあらゆる文字の閲覧と入力を一貫したインターフェイスで提供するものです。クリップボード同期により、入力した単語・定型文・顔文字等をそのまま登録語欄にペーストできる簡便さが特徴です。

 なお,Unicode のご利用に関しては以下の注意事項にもご留意下さい。

アンインストール(使用中止)方法

[▲] [目次] [▼]

 本アプリケーションをアンインストール(使用中止)される場合,アプリケーションを削除しただけでは連絡先に「辞書登録 Lite」グループが残ってしまい,通常の方法では削除できなくなります。アンインストールの際には以下の手順で,連絡先登録を不許可にしてからアプリケーションを削除するようにして下さい。

[辞書登録 Lite Screen-310]登録履歴画面から歯車ボタンで初期設定画面を開き,「連絡先登録を許可」を「オフ」にして [完了] を押す
※連絡先登録を不許可にした場合や,iOS 4 で初回起動時にアプリケーションの使用中止を選んだ場合は,この操作は不要です
[辞書登録 Lite Screen-311]連絡先から「辞書登録 Lite」グループが削除されたことを確認したら,「辞書登録 Lite」アプリケーションを削除できます

 万一「辞書登録 Lite」グループを消さずにアプリケーションを削除してしまった場合は,以下の手順でアンインストールをやり直して下さい。

[辞書登録 Lite Screen-308]iTunes から同期し直すか,または「App Store > アップデート > 購入済み」からダウンロードする(iOS 5 以上の場合)などして,「辞書登録 Lite」アプリケーションをインストールし直す
※「辞書登録 Lite」は公開終了につき App Store から通常の方法でダウンロードできませんが,過去にダウンロードされたものは「購入済み」画面からダウンロードできます
[辞書登録 Lite Screen-309]「辞書登録 Lite」を起動し初期メッセージに従って一旦連絡先登録を許可する
※iOS 4 以上の場合はアプリケーションの使用継続/中止を尋ねるメッセージが現れますので,一旦「使用する」を選んで先に進んで下さい
[辞書登録 Lite Screen-310]登録履歴画面から歯車ボタンで初期設定画面を開き,「連絡先登録を許可」を「オフ」にして [完了] を押す
[辞書登録 Lite Screen-311]連絡先から「辞書登録 Lite」グループが削除されたことを確認したら,「辞書登録 Lite」アプリケーションを削除できます

 なお,パソコンのアドレスブック(アドレス帳)などと同期している場合は,同期先のパソコンで「辞書登録 Lite」グループを削除してから iTunes で同期し直すという方法もございます。詳細は当該製品のマニュアル等でご確認下さい。また,iOS 5 以上の場合で連絡先を iCloud と同期している場合は,パソコンから iCloud 連絡先(iPhone からは開けません)にサインインし,「辞書登録 Lite」グループを削除することもできます(